【1分】で読める
恋愛メディア ~立ち上がれ大和撫子~

花鳥風月|恋愛や復縁、遠距離、婚活など女性の悩みを男目線でぶった切っていく恋愛メディア

占いの【ウソ・ホント】|占い師が使う3つの心理テクニック


占いの【ウソ・ホント】|占い師が使う3つの心理テクニックのアイキャッチ画像

 

目次

 

占い師が使う心理テクニック

ろうそくの小さな炎

 

あなたは占いに行きますか?

 

ある調査では日本人の約50%が占いを利用すると報告されています。

 

そしてまた別の調査では、約30%が占いを信じていると報告されています。

 

ですが、実際は占いに行っても問題は根本的に解決しません。

 

それどころか、占いにハマって抜け出せなくなる人もいます。

 

ほとんどの占い師は心理テクニックを使って、あたかも未来が読めるように振る舞います。

 

今回のブログは占いの【ウソ・ホント】|占い師が使う3つの心理テクニックをまとめました。

 

最後まで読んで占いにハマらないようにしましょう。

 

 

占い師って胡散くさくない?

中には良い人もおるんやろけどな。

 

占い師が使う心理テクニックとは

タロットカード

 

マジシャンは人の錯覚を利用しています。

 

人の錯覚を利用するのは占い師も同じです。

 

マジシャン、占い師は人の感覚、心理を操作しています。

 

そして、占い師はあたかも過去、現状、未来が見えるかのように振る舞います。

 

占い師は主に3つのテクニックを使います。

 

1つずつ解説していきましょう。

 

 

マジックにはタネがあるもんな。

占いにもタネがあるんやで〜。

 

コールドリーディング

スピリチュアルな女性

 

コールドリーディングは「わたしはあなたをよく知っている」と信じさせる話術です。

 

コールドは『事前の準備なしに』、リーディングは『相手の心を読む』という意味です。

 

コールドリーティングはもともと人を騙すために作られたテクニックです。

 

コールドリーディングは5つのステップがあります。

 

1:対象者と協力関係を作る

 

⇨コールドリーディングでは対象者の協力が必要不可欠。紹介制の占いなど、事前の仕掛けで対象者との関係性を作っています。

 

2:対象者に質問を投げかける

 

⇨質問を投げかけていき、対象者本人から情報を引き出します。質問は曖昧で抽象的なものが多く、ほとんどの質問にバーナム効果が使われます。

 

バーナム効果
誰にでも当てはまりそうな性格などの特徴を言われた人が、自分にズバリ当てはまっていると勘違いしてしまう現象。

 

3:対象者のフィードバックを観察する

 

⇨質問に対する対象者のリアクションを観察します。体、目線、表情の動きなど、細かな部分に反応が現れるからです。例えば、”人は話したくない話題になると、鼻を触る”などです。

 

4:対象者からさらに情報を引き出す

 

⇨対象者から情報を引き出すために、抽象的な話題を途切れさせずに話します。対象者が話すほど体の動き、口調の変化などから情報が漏れ出します。

 

5:対象者の悩みや現状、過去を言い当てる

 

⇨ある程度の情報が取れたら、情報の確実性が高まります。そこで対象者を言い当てるかのように話します。対象者は占い師が自分のことを分かっていたかのように錯覚します。

 

コールドリーディングが成功すると、対象者は「この人は私を分かっている」と思い込みます。

 

とくに女性は共感してもらえたことで、一気に信頼を寄せるでしょう。

 

 

コールドリーディングやばいな〜。

詐欺師が生み出したテクニックやしね。

 

アクティブリスニング

スピリチュアル

 

アクティブリスニングは別名『傾聴』と言います。

 

アクティブリスニングは会話で相手の感情、事実を読み取り、話の本質を明確にしていきます。

 

アクティブリスニングの大枠は積極的に話を聞こうという『姿勢』を言い、細かなテクニックがたくさんあります。

 

アクティブリスニングの際に大切なことは2つあります。

 

共感的理解

 

1つは『共感的理解』です。

 

あくまでも対象者の立場に立った上で、話を聞く姿勢を取るです。

 

話を結論付けない

 

2つ目は『話を結論付けない』です。

 

アクティブリスニングでは対象者の話を遮ることなく、全て受け入れます。

 

アクティブリスニングにおいては、以上2つを意識的に行います。

 

対象者は徐々に、信頼を置き始めるでしょう。

 

営業マンも使うテクニックよな。

話を聞いてくれる人を信頼するからな。

 

確証バイアス

スピリチュアルな女性

 

確証バイアスは認知心理学、社会心理学用語です。

 

人は自分にとって都合の良い内容を信じ、それ以外はほぼ信じようとしない心理のことです。

 

近年のSNS登場によって、確証バイアスの存在が視覚化されてきました。

 

あなたのInstagramやTwitterを開けると、興味、関心ある投稿がタイムラインに並びます。

 

それはAIによって、あなたの思考パターンが計算されているからです。

 

同じことは脳内でも起こっています。

 

占い師は対象者に対して、たくさんの言葉を投げかけます。

 

対象者はその中から、自分に必要な言葉だけを拾います。

 

それによって、都合の良い占い結果だけを覚えます。

 

つまり占い師が適当に伝えても、人は確証バイアスによって、都合の良いところだけを信じ込みます。

 

占い行ってる時点で鴨がネギ背負ってるようなもんやな。

ほんまは占いは必要ないんやけどね。

 

占い師が使う心理テクニックまとめ

 

いかがでしたか?

 

占いの【ウソ・ホント】|占い師が使う3つの心理テクニックは理解できましたか?

 

人気のある占い師ほど、3つのテクニックを使いこなしています。

 

ですが、ほとんど占い師は”自分に力があると信じている天然な占い師”です。

 

実はこの天然占い師が最も危険です。

 

とにかく占いには気をつけましょう。

 

 

SNSで占い発信してる人多いもんな〜。

人生は自分で切り開くもんやで。

 

サイト内を検索


としお兄ちゃん

職人やりながらブログ書いてます。

職人やりながらブログ書いてます。

sns_01

sns_02

sns_03

sns_05

sns_04

\ SNSでこの記事をシェア /


関連記事