花鳥風月|恋愛や復縁、遠距離、婚活など女性の悩みを男目線でぶった切っていく恋愛メディア

恋愛で間違いがち【心理的リアクタンス】の正しい使い方

心理的リアクタンスのアイキャッチ画像

 

相手が別れたいと思ってるのに引き止める方法ってあるの?

 

あるに決まってるやんか。

 

ほなら今日はそれ教えてよ〜。

 

分かったで〜。

 

 

 

 

心理的リアクタンス

 

 

 

突然ですが彼氏から別れを告げられたらあなたはどうしますか?

 

 

 

別れたくない。私が変わるから一緒にいて欲しい。」なんて言っていませんか?

 

 

 

心の準備なく別れ話されると受け入れられませんよね?

 

 

 

もし彼氏と別れたくない場合どうすれば良いのか知りたいですよね?

 

 

 

今回はのブログは”恋愛で間違いがち【心理的リアクタンス】の正しい使い方”をまとめました。

 

 

 

最後まで読んで男心を操作しましょう。

 

 

 

 

嫌や〜別れんといて〜」言うてる人多いやろな。

 

せやねん。それじゃあかんねん。

 

心理って複雑やな〜。

 

・・・。鳥の心理はどうなってるんやろ?ツッコんでええのかな?

 

 

心理的リアクタンスとは

 

 

 

今回のキーワードは『心理的リアクタンス』です。

 

 

 

人は本能的に”自分のことは自分で決めたい”という欲求をもっています。

 

 

 

そのため『人から強制されたとき、反発しやすくなる心理』を持っています。

 

 

 

あなたも強制されたせいでやる気がなくなったことありませんか?

 

 

 

心理的リアクタンスは『他人から物事を強制され、自分の自由な意思決定が侵害された』と感じると発動します。

 

 

 

たとえポジティブな提案であっても反発的な行動を取ってしまいます。

 

 

 

この心理的リアクタンスを恋愛に使う方法について見ていきましょう。

 

 

 

 

心理的リアクタンスは必要な知識やから覚えておいてや〜。

 

 

要求をすぐに受け入れる

 

 

 

別れ話を切り出されたら”要求はすぐに受け入れる”を意識してください。

 

 

 

人は『自分のことは自分で決定したい心理』があります。

 

 

 

別れ話を拒否されると心理的リアクタンスが働いて別れたくなる気持ちが高まります。

 

 

 

一方ですぐに受け入れられると、気持ちに葛藤が生まれす。

 

 

 

つまり別れ話を切り出されたら「まだ別れないで」と言ってはいけません。

 

 

 

別れたくないなら「分かった。今までありがとうね。」とあえて受け入れましょう。

 

 

 

相手は”引き止められると思っていたのに受け入れられた”と葛藤が起こります。

 

 

 

その葛藤の影響で別れることに対して抵抗感が生まれます。

 

 

 

冷静になったときに「やっぱり君じゃないとダメだ」と復縁を迫ってくる可能性が上がるでしょう。

 

 

 

『要求はすぐに受け入れる』

 

 

すんなり受け入れられたら「え?」ってなる気持ち分かるわ〜。

 

その感情を使うねん。

 

心理的リアクタンスすげ〜。

 

 

逆の要求を迫る

 

 

 

心理的リアクタンスは”自分の決定は自分でしたい”という心理です。

 

 

 

この心理を逆手に使いましょう。

 

 

 

相手が別れ話を切り出すまえに、あなたから別れ話を切り出しましょう。

 

 

 

別れ話を切り出された彼氏は心理的リアクタンスが発動します。

 

 

 

つまりあなたの意見に反抗したい気持ちが生まれます。

 

 

 

これで別れ話を未然に防ぐことは可能です。

 

 

 

『別れ話を自分からする』

 

 

ボクシングで言うところのカウンターやね。

 

そやな。カウンターて意味、読者さん分かるんかな?

 

カウンター
敵の攻撃の隙を突き逆襲に出ること

 

⇧こう言うことですわ。

 

花鳥風月くん親切やな

 

読者さんファーストやで。

 

 

実例をご紹介

 

結構前の話やねんけど女友達の実例を紹介するで〜。

 

 

としお兄ちゃんの女友達からこんな電話がありました。

 

 

2年付き合った人にいきなり「別れよう」って言われたねん。理由も分からんねんけど、こういうときってどういう考えなん?

 

 

としお兄ちゃんはすぐに心理的リアクタンスの話をしました。

 

 

 

そして”彼氏の要求を潔く受け入れて”と伝えました。

 

 

 

彼女は半信半疑ながらも言う通りにしてくれました。

 

 

 

すると彼氏から連絡がありました。

 

 

 

連絡の内容は「◯◯はそれで良いの?一度会って話せる?」だったと言います。

 

 

 

実は”彼氏は転勤が決まり、遠距離になることを打ち明けられず悩んでいた”のでした。

 

 

 

後日談ですが、今では遠距離恋愛を経て結婚し、子供も生まれています。

 

 

 

あのとき、別れを嫌がっていたら運命は変わっていたかもしれませんね。

 

 

 

『心理的リアクタンスの使い方で運命は変わる』

 

 

としお兄ちゃんキューピットやな。

 

せやろ?この友達は言う通りにしてくれたからな。

 

そろそろ自分も恋愛したらどないやのん?

 

今は仕事に集中しなあかんねん。

 

ほんまにとしお兄ちゃんって真面目やな〜。

 

 

心理的リアクタンスまとめ

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

恋愛で間違いがち【心理的リアクタンス】の正しい使い方は理解できましたか?

 

 

 

これからは心理的リアクタンスを使って相手の意識決定をコントロールしていきましょう。

 

 

 

とはいえ別れ話をする必要がないくらい仲良しだとなお良いですね。

 

 

 

 

使い方によっては応用もできそうやね。

 

そうそう。ぼくはビジネスで使うことが多いで。

 

心理学っておもろいね。

 

恋愛だけじゃなく人生において役立つからね。

 

 

サイト内を検索


としお兄ちゃん

職人やりながらブログ書いてます。

職人やりながらブログ書いてます。

sns_01

sns_02

sns_03

sns_05

sns_04

\ SNSでこの記事をシェア /


関連記事

ランキング

コンセプト

私たちは「for YAMATONADESHIKO」というスローガンのもと”恋愛を通して日本の女性を元気にする”をミッションとしています。

花鳥風月とは”自然界の美しいものや風景のこと”を言います。

大自然が”ただそこに存在するだけ”で尊いように、あなたの存在自体が尊いのです。

そんな尊いあなただからこそ、恋愛を通して人生を豊かにして頂きたい。

恋愛は学校では教えてはくれないし、男性も本音を教えてはくれません。

だからこそ私たちが”本当に必要な恋愛の知識”を嘘偽りなく発信していきます。

恋愛をする女性の『良き相談相手』としてお付き合い頂ければ幸いです。

花鳥風月オーナー
清水 理史

カテゴリー

おすすめ書籍