恋愛とビジネス|日本の”クリスマス”は企業のマーケティング戦略?! | 大人向け恋愛メディア
恋愛とビジネス|日本の”クリスマス”は企業のマーケティング戦略?!

【1分】で読める
恋愛メディア ~立ち上がれ大和撫子~

花鳥風月|恋愛や復縁、遠距離、婚活など女性の悩みを男目線でぶった切っていく恋愛メディア

恋愛とビジネス|日本の”クリスマス”は企業のマーケティング戦略?!

としお兄ちゃん

  • クリスマス
  • クリスマス商戦
  • マーケティング


クリスマスはマーケティングのアイキャッチ画像

 

目次

 

クリスマス戦略

クリスマスオーナメントが飾られた玄関

 

ほとんどの日本人は、クリスマスはキリストの誕生日と思っていませんか?

 

クリスマスは『キリストが生まれてきたことを祝う日』です。

 

キリストがいつ生まれたかは、いまだに分かっていません。

 

クリスマスについて、”実は知らないこと”が多いでしょう。

 

なぜなら、クリスマスは企業によるマーケティング戦略だからです。

 

今回のブログは日本の”クリスマス”は企業のマーケティング戦略?!”についてまとめました。

 

最後まで読んで、日本のクリスマスの真相を知りましょう。

 

 

クリスマスの雰囲気好きやけどな〜。

ぼくもあの寒いねんけどあったかい感じ好きやで〜。

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

クリスマス戦略とは

クリスマスアイテムと机

 

あなたは『記念日マーケティング』を知っていますか?

 

幕末の万能学者だった平賀源内。

 

平賀源内はあるとき、うなぎ屋さんから「夏場にうなぎが売れなくて困っている」という相談を受けました。

 

そこで、平賀源内は【本日、土用丑の日】の張り紙を出すアイディアを思いつきました。

 

すると、うなぎ屋は少しずつ繁盛し、しばらくすると他も真似するようになりました。

 

それが、現在も続く『土用丑の日』です。

 

このように、記念日マーケティングとは”人の行動を促すマーケティングの1つです。

 

クリスマスも同じく、記念日マーケティングの1つです。

 

それではクリスマスマーケティングについて、深掘りしていきましょう。

 

 

それで今も『土曜丑の日』って言うてんのか。

そやねん。平賀源内さんすごいよな〜。

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

クリスマスとコカコーラ社

コカコーラの車

 

クリスマスと言えば『サンタクロース』です。

 

そのサンタクロースのイメージは1931年、コカコーラ社とアメリカ人画家によって、作り上げました。

 

ローマ帝国時代、子供好きのカトリック司教セント・ニコラスは貧しい子どもたちにプレゼントを贈っていました。

 

それがクリスマスプレゼントの始まりと言われています。

 

このエピソードをモデルにサンタクロースのイメージを作ったといいます。

 

日本でコカコーラを販売するときにも、サンタクロースはマーケティングに使われていました。

 

コカコーラがクリスマスを日本に持ち込んだん?

一理あるんやけどもっと大きな理由があるねん。

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

クリスマスとケンタッキー社

クリスマスの装飾

 

クリスマスになると、ケンタッキーを食べたくなりませんか?

 

これはケンタッキー社による緻密なマーケティングの成果です。

 

1974年、ケンタッキー社は「クリスマスチキン」というキャンペーンを打ち出します。

 

当時のアメリカはクリスマスに七面鳥を焼いていましたが、日本にそのような文化はありません。

 

そこに目を付けたケンタッキー社。

 

クリスマスが浸透しつつある日本に”クリスマスはケンタッキー”のイメージを植え付けたのです。

 

ワイはケンタッキーだけは許されへん。

あっ。花鳥風月くん鳥やったわw

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

クリスマスとバブル経済

クリスマスの装飾

 

バブル真っ只中の1980年代、メディアはこぞって『クリスマスデート』を推奨していました。

 

クリスマスデートは、高級ホテルディナーとプレゼントがセットでした。

 

これによって、一気にクリスマスが恋人たちの日と認識されるようになります。

 

当時、クリスマスディナー予約が取れなかったとまで言われています。

 

このマーケティングはホテル、百貨店、高級ブランドなどが一斉に仕掛けました。

 

一般社団法人日本記念日協会によると、現在のクリスマス効果は約7,000億円

 

7,000億円は先日の2020年東京オリンピックの当初予算と同じです。

 

日本のクリスマスはバブル経済によって作られたと、言えるでしょう。

 

バブルってすごかったんやろな。

今も仮想通貨業界はバブってるけどな。

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

クリスマス戦略まとめ

クリスマスと家族

 

いかがでしたか?

 

日本の”クリスマス”は企業のマーケティング戦略?!は理解できましたか?

 

クリスマスに次いで、最近ではハロウィンも一大イベントになりつつあります。

 

このように、企業は次々と新しい仕掛けを作ってきます。

 

企業のマーケティングに踊らされず、正しい判断をしましょう。

 

 

企業は物が欲しくなるように仕掛けてるからな。

踊らされんように気をつけやな。

 

クリスマス間近なら映画はこれで決まり|大晦日にオススメ|映画『ニューイヤーズ・イブ』はもう見た?!

 

サイト内を検索


としお兄ちゃん

職人やりながらブログ書いてます。

職人やりながらブログ書いてます。

sns_01

sns_02

sns_03

sns_05

sns_04

\ SNSでこの記事をシェア /


関連記事