花鳥風月|恋愛や復縁、遠距離、婚活など女性の悩みを男目線でぶった切っていく恋愛メディア

驚愕の事実!|女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由

驚愕の事実!|女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由のアイキャッチ画像

 

 

 

女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由

水着でプールにいる女性 

 

 

 

軽い女性って響きがよくないですよね?

 

 

 

軽い男性よりも、軽い女性の方が罪な気がしませんか?

 

 

 

実は大昔まで遡ると軽い女は殺されたり、追放されていたのです。

 

 

 

今回のブログは驚愕の事実!|女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由をまとめました。

 

 

 

最後まで読んで衝撃の事実を知ってください。

 

 

 

 

男って軽い女の方がええよね。

 

そうやな。重い女はキツイな〜。

 

 

女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由とは

水着でビーチにいる女性

 

 

 

軽い女とは『誰とでも寝る尻軽女』です。

 

 

 

英語では『ビッチ』と言います。

 

 

 

そんな軽い女は男性からすごく人気がありますが、同性からは嫌われます。

 

 

 

その理由は女性の本能にありました。

 

 

詳しく解説していきましょう。

 

 

 

 

外国の映画ってやたらビッチ出てくるよな。

 

めちゃめちゃ出てくる。

 

 

女性同士のルール

水着のセクシーな女性

 

 

 

女性が自分のことを軽い女と認めたがらない理由は大昔に遡ります。

 

 

 

それはまだ人類が狩猟採集して生活していたときのことです。

 

 

 

この時代の女性には共通の課題がありました。

 

 

 

それは”卵子の価値を守る”です。

 

 

 

男性の精子は1日に1,000万から1億個以上生産されます。

 

 

 

一方で女性の卵子は1ヶ月に1個です。

 

 

 

1ヶ月に1度しか出来ない卵子に対して、1日に何万個も出来る精子では生産コストが違います。

 

 

 

男性はタダ同然の精子を乱射したいですが、女性は虎の子の卵子を簡単には渡せません。

 

 

 

女性は卵子の価値を上げるために男性に簡単に自分を抱かせません。

 

 

 

女性全員がこの方法を取れば男性は女性を抱くために尽くします。

 

 

 

このように女性は簡単には体を許さないことで卵子全体の価値を上げていました。

 

 

なるほど。めっちゃ理解した。

 

女子が話好きなのも情報を取るためやで。

 

 

女性同士のルール違反

コンドームを持ったセクシーな女性

 

 

 

卵子の価値を上げる暗黙の了解は理解できましたか?

 

 

 

しかしごく稀にルールを破る女性が現れます。

 

 

 

簡単に抱かれる女性』、いわゆる軽い女性が現れます。

 

 

 

すると軽い女性に男性が殺到します。

 

 

 

男を取られたくないので、周りの女性も少しずつ抱かれるハードルを下げていきます。

 

 

 

こうして卵子の価値が下落していきます。

 

 

株みたいやな。

 

価値を守るって大変やねん。

 

 

女性同士のルール違反者の運命

暗闇に佇む寂しそうな女性

 

 

 

女性は卵子の価値を守りたい。

 

 

 

しかし軽い女性によって卵子の価値が下落する。

 

 

 

そこで女性たちは協力して軽い女性を群れから追放しました。

 

 

 

この時代の追放とは『』を意味します。

 

 

 

卵子の価値を下げる軽い女は同じく女性によって死を迫られました。

 

 

 

こうして女性は卵子の価値を守り通したのです。

 

 

 

女性たちは日々の情報交換で”軽い女がいないか”を探るようになりました。

 

 

 

もし軽い女だとバレると殺される。』という思いは現代女性の本能にも宿っています。

 

 

 

これが女性が軽い女が嫌われる本当の理由です。

 

 

 

 

だから今でも女子って軽い女を煙たがるんやな。

 

納得した?

 

 

女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由まとめ

水着で岩場にいる女性

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

驚愕の事実!|女性同士で【軽い女】が嫌われる本当の理由は理解できましたか?

 

 

 

女性の本能が軽い女を嫌っているのですね。

 

 

 

だから自身の軽さを認めたくないんです。

 

 

 

とはいえ女性でも欲望のままに過ごすときもあるでしょう。

 

 

 

思い出は心の中にしまっておきましょう。笑

 

 

 

 

女性が軽さを認めたがらへん理由がわかったわ。

 

ぼくは認めてても潔くてええと思うけどな。

 

 

サイト内を検索


としお兄ちゃん

職人やりながらブログ書いてます。

職人やりながらブログ書いてます。

sns_01

sns_02

sns_03

sns_05

sns_04

\ SNSでこの記事をシェア /


関連記事

ランキング

コンセプト

私たちは「for YAMATONADESHIKO」というスローガンのもと”恋愛を通して日本の女性を元気にする”をミッションとしています。

花鳥風月とは”自然界の美しいものや風景のこと”を言います。

大自然が”ただそこに存在するだけ”で尊いように、あなたの存在自体が尊いのです。

そんな尊いあなただからこそ、恋愛を通して人生を豊かにして頂きたい。

恋愛は学校では教えてはくれないし、男性も本音を教えてはくれません。

だからこそ私たちが”本当に必要な恋愛の知識”を嘘偽りなく発信していきます。

恋愛をする女性の『良き相談相手』としてお付き合い頂ければ幸いです。

花鳥風月オーナー
清水 理史

カテゴリー

おすすめ書籍