【1分】で読める
恋愛メディア ~立ち上がれ大和撫子~

花鳥風月|恋愛や復縁、遠距離、婚活など女性の悩みを男目線でぶった切っていく恋愛メディア

被害女性続出!|近づいてはいけないヤバい男3選


被害女性続出!|近づいてはいけないヤバい男3選のアイキャッチ画像

 

目次

 

近づいてはいけないヤバい男

イチャイチャする美女と紳士

 

あなたの周りにヤバい男性はいませんか?

 

もしヤバい男性がいるなら、今すぐ付き合いをやめましょう。

 

なぜなら、マイナスの影響しかないからです。

 

今回のブログは被害女性続出!|近づいてはいけないヤバい男3選をまとめました。

 

最後まで読んで、ヤバい男性を遠ざけれるようになりましょう。

 

 

付き合う人って大切よな〜。

人って流されてしまうからな〜。

 

近づいてはいけないヤバい男とは

ベッドで愛し合うカップル

 

ヤバい男性はあなたの人生をネガティブにします。

 

これから解説する3種類の男性に関しては、とくに危険です。

 

ヤバい男性は共通して、 自分の欲求を満たすことしか考えていません。

 

そんな男性と一緒にいても、搾取されるばかりです。

 

取り返しが付かなくなる前に、男性を見分けましょう。

 

それではヤバい男性3種類を解説していきましょう。

 

 

悪い噂のある男って、何か原因あるよな。

火の無いところに煙は立たへんしな。

 

下半身系

犯罪しそうな悪い男

 

下半身系は脳みそが下半身にある男性です。

 

全ての行動の目的は、女性の体です。

 

良い人そうに見えても、優しく見えても、全ては体が目的です。

 

とはいえ、男性のほとんどは下半身に脳みそがあるもの。

 

その脳みそを、徐々に頭に戻す努力は、どの男性においても必要です。

 

ですが、下半身系の場合は何を努力しようが、脳みそは下半身のままです。

 

真面目な恋愛がしたいなら、下半身系は近づかないでおきましょう。

 

ほとんどこれちゃうん?

最初はそうかもしれんけど、デートを重ねたら愛情が芽生えてくるやろ。普通ならw

 

詐欺師系

スーツを着てる美男子

 

詐欺師系は女性を騙して、お金を奪います。

 

女性をお金としか考えていません。

 

あらゆる方法でカモとなる女性を探しています。

 

詐欺師レベルが高いほど、気付くのが難しいでしょう。

 

なぜなら、初対面から好印象で信頼のおける男性を演じてくるからです。

 

ですが、それは女性からお金を奪うための準備です。

 

とはいえ、詐欺師系は奪うお金のない女性は相手にしません。

 

もし自分や親がお金を持っていて、美人なわけではないのに、イケメン、お金持ちの男性が近付いてきたら注意しましょう。

 

ガチで結婚考えてる男以外は美人が好きやもんな〜。

美人がブサイクはよくあるけど、イケメンがブサイクはほぼ無いからな〜。

 

精神異常系

 

精神異常系は最も危険度が高いです。

 

なぜなら、基本的に情緒不安定なので、何をするかわからないからです。

 

また感情の起伏が激しいので、DVに発展しやすいでしょう。

 

また何とか、別れることができても、ストーカーになる可能性が高いです。

 

こういった精神異常系を見極めるには、”依存体質か?”をチェックしましょう。

 

お酒、タバコ、ギャンブルなど、すでに何かに依存している人は可能性が高いです。

 

依存体質な男性は、恋愛感情に依存する可能性も高いでしょう。

 

また夜型の男性はセロトニンの分泌が慢性的に不足しがちなので、精神不安定になりやすいです。

 

依存体質で夜型の男性は、精神異常系の可能性が上がるので、できる限り避けましょう。

 

精神異常系はほんまに怖いな〜。

何するかわからん怖さがあるよな。

 

近づいてはいけないヤバい男まとめ

目隠ししている女性と男性

 

いかがでしたか?

 

被害女性続出!|近づいてはいけないヤバい男3選は理解できましたか?

 

もしあなたが付き合っている男性がヤバい男性なら、今すぐ別れましょう。

 

また友達の彼氏がヤバい男性なら、今すぐ説得しましょう。

 

とはいえ『類は友を呼ぶ』という言葉があるように、あなた次第で引き寄せる男性は変わります。

 

ヤバい男性が近くにいるなら、あなた自身も変わらないといけません。

 

 

自分がヤバい女の可能性もあるしな。

人は鏡やからな〜。

 

サイト内を検索


としお兄ちゃん

職人やりながらブログ書いてます。

職人やりながらブログ書いてます。

sns_01

sns_02

sns_03

sns_05

sns_04

\ SNSでこの記事をシェア /


関連記事

    まだ関連記事はないなぁ、、、